銀行口座が無い場合には自動契約機を利用すれば即日融資も可能

カードローンを利用したいけど銀行口座がないなら自動契約機を使おう

自動契約機

カードローンが持つ魅力の一つに「来店不要で完結できる」という点があります。

 

インターネット申込みや電話申込みを利用した場合、わざわざ店舗に来店することなくそのまま契約を完了し、指定した銀行口座にお金を振り込んでもらうという方法でお金を借りることができる便利な仕組みです。

 

最近では「オンラインバンキング(ネットバンキング)」などを活用して、来店不要のみならず部屋から一歩も外に出なくてもカードローンが利用出来る環境を構築しているカードローン会社も増えてきています。

 

いずれにせよ、来店不要でカードローンを利用する為には「取引に指定できる銀行口座を開設していること」が必須となります。

 

基本的にはどこの銀行口座であっても取引に使用することが出来ますが、一部では指定された銀行口座を開設していることが契約の条件となっていたり、本来よりも即日融資に対応できる時間が長くなったりと言った魅力がある可能性もあります。

 

必須と言う訳ではありませんが、あった方が少なくともより便利に利用できることは間違いありません。

 

ただ、人によっては銀行口座を持っておらず、開設するにも時間が掛かるから無理!という場合もあります。

 

そのような場合はカードローンを利用することが出来ないのかというと、決してそんなことはありません。

 

そのような状況において選択肢となるのは、「ATMから出金(借入れ)する」という方法です。

 

ATMからであれば直接現金をやり取りすることが出来るので、事前に口座を開設しておく必要はありません。

 

契約時に口座が必須となるカードローンならば無理かもしれませんが(※銀行カードローンによっては口座が必要な場合もあります)、そこまでの制限を設けているところは多くないので十分に契約の可能性はあります。

 

ATMから借入れをするためにはカードが必要です。

 

そもそもカードローンというものは、貸金業者が発行した「カード」を用いてATMから直接お金を借りられる仕組みです。

 

来店不要で契約する場合、全てのやり取りが完了した後に郵送でカードが送られてきます。

 

初回の融資に関しては銀行振り込みで対応し、次回以降の借り入れおよび返済はカードを使って行うというのが基本です。

 

カードは上記の方法でのみ入手することが出来ると言う訳では無く、「自動契約機」を利用して入手することも出来ます。

 

自動契約機でカードを発行すれば、契約後すぐにそのカードでATMから借り入れをすることが出来る様になるので銀行口座を開設する必要はなくなります。

 

また、自動契約機には「銀行振込みよりも即日融資の可能性を高めることが出来る」というメリットもあるので、急いでいる時にも最適な方法です。

関連ページ

総量規制対象外は銀行カードローンしかない
年収の3分の1以上の借入を制限する総量規制ですが、総量規制対象外となる借入は銀行カードローンしかありません。しかし、対象外だからといっていくらでも融資してくれる訳ではありませんのでご注意を。
カード発行されればコンビニATMからでもお金を借りられる
カードローンは「カード」を利用してお金を借りる仕組みですが、カードの入手方法によってメリット・デメリットがあります。主要カードローンの提携コンビニATMの状況もまとめたので参考にして下さい。
銀行カードローンは保証会社の審査が重要
多くの場合で大手消費者金融が銀行カードローンの保証会社となっていますが、どうして銀行と消費者金融が手を組んでいるのか、その理由と注意点について解説します。
モビットとプロミスならカードレスで利用ができてバレない
家族にカードローンの利用がバレる理由の多くが、自宅への郵送物です。通常は契約機を利用しなければカードが自宅に届いてしまいますが、モビットとプロミスではカードレスのWeb完結が利用できます。
意外と身近にいるソフト闇金業者の見分け方とその特徴
自分は絶対に大丈夫!と思っていても、想像以上に身近に潜んでいるのがソフト闇金と呼ばれる違法な貸金業者です。ここでは、簡単に覚えられるソフト闇金業者の見分け方を解説します。
審査に不安がある人は新規貸付率の高い消費者金融カードローンを選ぼう
カードローンでお金を借りたいけど審査に通るか不安…という方は「新規貸付率」を比較することで、他社と比較して審査に通る可能性が高いカードローンを選ぶことができます。
消費者金融と銀行カードローンのどちらが良いの?と迷った時の考え方
消費者金融と銀行カードローンでは、それぞれに相反する特徴があるので、その時々の状況で賢い使い分けをすることでお金のピンチを乗り切ることができます。
カードローンの金利も景気に連動して変動する
意外と知られていませんが、カードローンの金利には「変動」と「固定」の2種類があります。近年は長く続いたデフレの影響でカードローン金利も低水準となっていますが、それぞれのメリット・デメリットを知って賢い借入を心がけましょう。