総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制対象外は銀行カードローンしかない

貯金箱を持つサラリーマン

毎日の暮らしは度重なる出費の機会で満ち溢れています。

 

自宅の家賃や生活費、仕事がらみの飲み会や接待の費用、出張旅費の立て替え、さらに趣味やレジャーやグルメ、ファッションに関する出費であったり、家族のいらっしゃる方だと子育てや教育のための支払いや家族揃って出かける外食やレジャーの費用も大切です。

 

もしもこれらのお金が不足してしまった時には消費者金融や銀行を使って手軽に借り入れ申請を行うのがベストですが、これらの契約を結ぶ際には注意すべき点もあります。

 

総量規制はその最たるものと言えるでしょう。

 

総量規制とは、消費者金融で借り入れを行う場合、利用者の年収の3分の1を超える融資を受けてはならないとする貸金業法の中の法律です。

 

従って貸金業法に基づいて運営されている全ての業者(消費者金融や信販系)はこの総量規制を遵守することが求められており、それは消費者が自分の限界を超えて借りすぎないように多重債務へ歯止めをかけるのと同時に、貸金業者にとっても消費者の限度を超える融資を行って自ら損を被ることのないようにとの配慮する意味合いもあります。

 

ただし、この総量規制という枠組みの中で必要なお金のやりくりを完璧にこなそうとすると無理も生じてしまうもの。

 

そんな時に銀行カードローンは貸金業者では不可能な融資を行うことが可能です。

 

というのも銀行は貸金業法ではなく銀行法によって運営されていることから、貸金業者が遵守すべき総量規制に関しても全くの対象外となっているからです。

 

つまり、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、申請者の年収の3分の1という境界線を意識することなく、それを超える金額を申請したとしても各々の融資基準に照らし合わせた上で条件が認められたならば、その金額を融資することも可能となるのです。

 

また、総量規制の原則でいうと全くの無収入の専業主婦や学生などは限度額もゼロとなるので実質的な借り入れができません。

 

その点、銀行カードローンは総量規制の対象外ということもあり、全くの無収入の人でも借り入れが可能となる場合もあります。

 

その際には主婦ならば夫の職業や勤務先、年収を書き入れることでそれが信用となったり、学生であれば父親の勤務先や年収を書き入れることで信用度がカバーされます。

 

また金融機関ゆえに預金口座の残金や、これまでの出入金記録などから独自の信用度を算出して有牛を可能とする場合もあります。

 

何れにしても総量規制の対象外ということでより幅広い融資サービスを利用者に提供してくれることでしょう。

関連ページ

カードローンを利用したいけど銀行口座がないなら自動契約機を使おう
銀行口座を持っていない場合には振り込みでの即日融資が受けられませんが、自動契約機を利用すれば提携しているコンビニATMなどからもお金を借りることができるようになります。
カード発行されればコンビニATMからでもお金を借りられる
カードローンは「カード」を利用してお金を借りる仕組みですが、カードの入手方法によってメリット・デメリットがあります。主要カードローンの提携コンビニATMの状況もまとめたので参考にして下さい。
銀行カードローンは保証会社の審査が重要
多くの場合で大手消費者金融が銀行カードローンの保証会社となっていますが、どうして銀行と消費者金融が手を組んでいるのか、その理由と注意点について解説します。
モビットとプロミスならカードレスで利用ができてバレない
家族にカードローンの利用がバレる理由の多くが、自宅への郵送物です。通常は契約機を利用しなければカードが自宅に届いてしまいますが、モビットとプロミスではカードレスのWeb完結が利用できます。
意外と身近にいるソフト闇金業者の見分け方とその特徴
自分は絶対に大丈夫!と思っていても、想像以上に身近に潜んでいるのがソフト闇金と呼ばれる違法な貸金業者です。ここでは、簡単に覚えられるソフト闇金業者の見分け方を解説します。
審査に不安がある人は新規貸付率の高い消費者金融カードローンを選ぼう
カードローンでお金を借りたいけど審査に通るか不安…という方は「新規貸付率」を比較することで、他社と比較して審査に通る可能性が高いカードローンを選ぶことができます。
消費者金融と銀行カードローンのどちらが良いの?と迷った時の考え方
消費者金融と銀行カードローンでは、それぞれに相反する特徴があるので、その時々の状況で賢い使い分けをすることでお金のピンチを乗り切ることができます。
カードローンの金利も景気に連動して変動する
意外と知られていませんが、カードローンの金利には「変動」と「固定」の2種類があります。近年は長く続いたデフレの影響でカードローン金利も低水準となっていますが、それぞれのメリット・デメリットを知って賢い借入を心がけましょう。