カードローンの返済方式はリボ払いが主流

カードローンの返済方式は「リボ払い」が主流になっている

収支を計算している画像

カードローンは借りた後の返済が何よりも大切です。

 

カードローンは借りた金額に利息をつけて一括返済する訳ではなく、分割払いのような返済方法となります。

 

クレジットカードの支払いで「リボ払い」を選択した経験がある人も多いと思いますが、カードローンの返済方式も現在の主流はリボ払いとなります。

 

リボ払いといっても、下記のように複数の種類があります。

  • 定額リボルビング方式
  • 定率リボルビング方式
  • 残高スライド定額リボルビング方式
  • 残高スライド定率リボルビング方式

 

この中でも、最も主流となっているのが「残高スライド定額リボルビング方式」です。

 

どんな返済方法なの?

残高スライド定額リボルビング方式は、借入額が段階的に設定されており、その中で決められた金額を返済していく方法です。

 

例えば、〜10万円の場合は毎月7000円、〜30万円の場合は毎月1万5000円、〜50万円の場合は毎月3万円…というように、借入額に応じて月々の最低返済額が決められているというイメージです。(※主要なカードローンの最低返済金額について知りたい方は→こちらのページを参考にして下さい。)

 

リボ払いというと毎月の返済額が抑えられるというメリットがありますが、忘れていけないのはデメリットです。

 

リボ払いのデメリットとして大きいのは、返済額の中に利息が含まれてしまうので元金が減りにくいという事です。

 

利息は現在の借入残高に対して、借りている日数分だけ加算されていきます。

 

毎月の返済が楽なほど、利息負担を長期にわたって強いられることを忘れてはいけません。

 

返済期間が長くなるほど利息負担が大きくなるという事です。

 

そのため、少しでもお金に余裕があるときに繰り上げ返済をして、なるべく元金を減らすことが無駄な利息をカットできる賢い方法です。

 

繰り上げ返済については、→こちらのページを参考にして下さい。

関連ページ

カードローンの返済を滞納するとどうなる?
カードローンの返済に遅れて滞納してしまった場合、罰金として遅延損害金を支払わなくてはいけません。その金額の計算方法と、みんな気になるブラックリストへの登録についてなど、返済に遅れた場合のケーススタディをご紹介します。
毎月の最低返済額はカードローンによって違うの?
カードローンによって毎月の最低返済額は異なります。ここでは、10万円を借りた場合の主要カードローンの最低返済額をまとめたので参考にして下さい。
繰り上げ返済で無駄な利息をカットする
カードローンは最低返済額だけを返していると、余計な利息を多く支払うことになってしまいます。そこで繰り上げ返済という選択肢が出てきますが、実はカードローンによってATMでの繰り上げ返済には手数料が発生するという注意点があります。
複数の借入先があって返済できない状況になったらどうすればいい?
いくつかのカードローンを利用していて、もしどうしても返済できない状況になってしまった場合の対処法をご紹介します。安易に「自己破産しかない!」と思う方もいますが、その前にやれる事はありますよ。
無利息で借りて当日中に全額返済してもいいの?
無利息カードローンでお金を借りて、当日中(又は無利息期間中)に全額返済したら、利息ゼロ円になる…けど、そんな方法って問題ないの?という疑問にお答えします。ポイントは「手数料」という部分に注意する必要があります。
どれぐらい返済に遅れるとブラックリストになってしまう?
うっかり返済に遅れてしまったら、ブラックリストの仲間入りなの?と、ブラックリストにまつわる疑問にお答えします。万が一ブラックになると何が困るのか、ブラック情報はいつ消えるのか?などまとめたので、参考にして下さい。
カードローン利用者が死亡した場合の返済は相続が絡んでくる
カードローンでお金を借りている人が死亡してしまった場合、家族に返済義務が生じるのか否かについては、相続権をどうするかがポイントとなります。また、こうした遺族の心配事を増やさない為にも、万が一の事態を考えてカードローン利用者がやっておくべき事をご紹介します。