複数の借入先へ返済できない状況になった場合の対処法

複数の借り入れ先があって、どうしても返済できない状況になったらどうすればいいの?

空の財布を持つ女性

カードローンでの借入額が多くなり、どうしても返済できない状況になったらどうすればいいのか…

 

通常、そこまで考えてローンを組む人はいませんが、現実的な対処方法を知っておかないと、いざという時に適切な処置を取れなくなってしまうので知識は大切です。

 

カードローンの返済が出来ないケースとして、多いのはカードローンを複数から借り入れているケースです。

 

例えば、カードローンは最低返済月額が決まっているので、ローン残高が20万円だったとしても、月額返済額はそれなりの金額になっています。

 

こうした小口のローンが複数あると月額の支払額は例え、トータルの残高はそこまで多くなくても、支払額の合計額は大きなものになる場合が少なくないのです。

 

月々の支払ができない場合には、債務不履行になるため、本当に支払いができないケースが続くとブラックリストに掲載されることになり、最終的には裁判所への財産の保全や財産の換価が行われることになります。

 

こうした状況を回避する方法として、小口のローンを一本化することで、月々の返済額を抑えることができるのです。

 

これがいわゆる「おまとめローン」と呼ばれるものです。

 

この、おまとめローンの一本化を取り扱っている金融機関は少なくないのですが、ローンをまとめることで、無理なく月々の給料の中から支払うことが可能なのですが、多くの債務者はこうしたおまとめローンの知識を知らない人が少なくないのです。

 

なぜおまとめローンをするといいのか

A社B社C社という3社から借りていた場合、新たにD社から3社にまとめて返済する分の金額を借りて、まずは既存の借金を完済。

 

その後、残ったD社にのみ返済をしていくというものです。

 

カードローンでは、借りた金額が少ないほど法定金利が高めに設定されています。

 

▼利息制限法で定められている上限金利

借入れ金額 上限金利
10万円未満 上限20%
10万円以上100万円未満 上限18%
100万円以上 上限15%

 

仮に合計で100万円借りている場合、1社から100万円を借りていれば上限金利は15%となりますが、複数社から借りている場合には上限金利が18%となるのです。

 

この金利の差を利用するのが「おまとめローン(ローン1本化)」です。

 

自己破産は最終手段

どうしても借金を返せない場合には自己破産しかない!と安易に考える人も少なくありませんが、自己破産は究極の最終手段です。

 

そもそも自己破産というのは、「債務整理」の中の1つの方法でしかなく、他にも任意整理・民事再生という方法もあります。

 

それぞれに特徴があり、メリット・デメリットが存在します。

 

 

任意整理

民事再生

自己破産

借金を帳消しにできる

×

財産を手放す必要が無い

×

裁判所の手続きが不要

×

×

資格制限のある職業に就ける

×

ブラックリストに載らない

×

×

×

破産者名簿に載らない

×

官報に名前が載らない

×

×

債権者の同意が不要

×

海外旅行にいける

会社に黙って手続きができる

※△は制限つきでできる

上記の表を見て直ぐに分かるのは、自己破産については借金を帳消しにできるものの、相応の社会的な制限や制裁が加わるのは否めません。

 

財産も没収されてしまいますし、破産者名簿に名前が載ってしまうので、それを餌食にする闇金業者に狙われてしまう可能性もあります。

 

いずれの方法で債務整理をしたとしてもブラックリストには掲載されるので、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることはできません。

 

こうなる前に「おまとめローン」の検討、そしてそれ以前に返済に困窮した場合には金融業者に必ず相談するようにしましょう。

関連ページ

カードローンの返済を滞納するとどうなる?
カードローンの返済に遅れて滞納してしまった場合、罰金として遅延損害金を支払わなくてはいけません。その金額の計算方法と、みんな気になるブラックリストへの登録についてなど、返済に遅れた場合のケーススタディをご紹介します。
毎月の最低返済額はカードローンによって違うの?
カードローンによって毎月の最低返済額は異なります。ここでは、10万円を借りた場合の主要カードローンの最低返済額をまとめたので参考にして下さい。
カードローンの返済方式は「リボ払い」が主流になっている
カードローンの返済方式の主流になっているリボ払いですが、メリットとデメリットを忘れてはいけません。賢い返済の為にも、返済プランを定期的に見直すことが必要です。
繰り上げ返済で無駄な利息をカットする
カードローンは最低返済額だけを返していると、余計な利息を多く支払うことになってしまいます。そこで繰り上げ返済という選択肢が出てきますが、実はカードローンによってATMでの繰り上げ返済には手数料が発生するという注意点があります。
無利息で借りて当日中に全額返済してもいいの?
無利息カードローンでお金を借りて、当日中(又は無利息期間中)に全額返済したら、利息ゼロ円になる…けど、そんな方法って問題ないの?という疑問にお答えします。ポイントは「手数料」という部分に注意する必要があります。
どれぐらい返済に遅れるとブラックリストになってしまう?
うっかり返済に遅れてしまったら、ブラックリストの仲間入りなの?と、ブラックリストにまつわる疑問にお答えします。万が一ブラックになると何が困るのか、ブラック情報はいつ消えるのか?などまとめたので、参考にして下さい。
カードローン利用者が死亡した場合の返済は相続が絡んでくる
カードローンでお金を借りている人が死亡してしまった場合、家族に返済義務が生じるのか否かについては、相続権をどうするかがポイントとなります。また、こうした遺族の心配事を増やさない為にも、万が一の事態を考えてカードローン利用者がやっておくべき事をご紹介します。