借入先の特徴を知って賢くカードローンを利用しよう

カードローンの特徴を知って賢く借入先を選ぼう

カードローンは基本的に使い道が自由で、短期の借り入れに向いています。借入先には、消費者金融や信販会社の貸金業系と銀行や信用金庫などの銀行系があります。
貸金業系の特徴は、総量規制による借入限度額の規定があるのが特徴で、税引き前の収入の3分の1以内とする決まりがあります。それにより、不動産収入のある方や年金生活者は認められる場合がありますが、バイトをしていない学生や専業主婦、定職に就いていない方は、原則として借り入れが認められることがありません。また、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制に含まれることがありますので、借入していない場合も算定されます。
貸金業でも、借入先が消費者金融のカードローンの場合は、利用者に配慮されて審査が柔軟になっている所があり、50万円以下の借り入れ希望額で、他社の借り入れと合算して100万円を超えない限りは、本人確認の書類だけで借り入れが申し込めます。給与明細や社名入りの健康保険証の用意ができれば、在籍確認をなしにできるカードローンもあり、個人宛ての電話を受け付けない勤務先でも申し込みがしやすいことがあります。
借入先が信販会社の場合は、消費者金融よりも条件が厳しい場合がありますが、借り入れの相談にのってくれるサポートデスクを設けていたり、借り入れがしにくい個人事業主や法人代表者向けの事業用カードローンを用意されています。
銀行系のカードローンの特徴は、金利が低く、総量規制の対象外で、貸金業のカードローンよりも多めの額を借り入れできる可能性があります。そのため、複数社の借り入れをまとめるためのおまとめローンや、高金利のローンから借り換えする目的で利用できる場合があり、銀行側でも推奨していることがあります。申込時に申請をすれば、事情を考慮して審査されますが、金利が低いことから、審査が慎重に行われるため、通るのが難しい場合があります。
銀行の中には、専業主婦や学生でも借り入れを認めていて、配偶者や家族の収入の審査がない場合があります。ただ、借入額が非常に低く設定され、最高でも50万円を超える借り入れは難しいでしょう。それでも、生活費を補う目的や一時的なお付き合いの用途で使う場合に、家族で内緒で借りられますので、大きなメリットと感じている方が多いと思われます。

特徴を知って賢く借入先を選ぼう記事一覧

カードローンはその事業を運営している業者によって大きく二つに分けることが可能です。ひとつが...

カードローンは運営する業者によって銀行系と消費者金融系に大別することができます。このうち金...

専業主婦は自分で働いて収入を得ている訳ではありませんが、だからと言ってカードローンなどでお...

カードローンを使ってお金を借りるのは、これまでは男性のものと言うイメージがありました。性別...

バイトやフリーターという正社員以外がカードローンを利用することができないのか、といえば決し...