今すぐお金を借りたい人が選んでいる最短30分審査の人気カードローンのご紹介

今すぐお金を借りたい人は審査が早いカードローンを選ぼう

時計

今すぐお金を借りたい!という場合には、カードローンを利用してお金を借りるのが最も手軽でスピーディーです。

 

しかし、カードローンと一言で言ってもその種類は様々で、全ての業者が即日融資に対応をしているわけではありません。というよりも、多くの業者では貸し倒れを防ぐために審査に時間をかけている場合が多くなります。

 

もちろん、そんな中でも即日融資ができる業者もありますが、注意しておきたいことは、そのような業者の中には悪質な業者も含まれているという事です。

 

例えば法律で定められている金利の数倍から数十倍もの金利を設定していたり、借りる際には優しい対応をしていたけれど、返済となると態度が一変して強引な取り立てや脅迫などをしてくるような業者もいますので、もしも今すぐに利用する場合であっても安心で安全な大手カードローン業者を選ぶ必要があります。

 

今すぐお金を借りたい場合にチェック!カードローンの比較ポイント

チェックポイント

今すぐお金を借りたい場合にカードローンを選ぶポイントとしては、すぐに審査をしてくれて即日融資に対応しているのは当然チェックすべきポイントです。

 

次に安全に利用するためには、「テレビCMをしているような大手」もしくは「ほとんどの人が名前を聞いたことがあるぐらいの知名度がある」という2点を最低限クリアしておけば大丈夫です。

 

そして最後に比較するべきポイントとして、金利や融資されたお金の受け取り方の種類が挙げられます。

 

金利は上限が適用される理由

金利については、単純に実質年率で比較することもできますが、初回利用の場合には大半の場合で高い金利が適用されます。

 

下記の表は利息制限法で定められている上限金利ですが、借入金額によって上限金利は異なります。

借入れ金額 上限金利
10万円未満 上限20%
10万円以上100万円未満 上限18%
100万円以上 上限15%

 

5万円を借りたいという場合で、実質年利が5.0〜17.5%とあれば、初めて利用する人であればほとんどが17.5%が適用されるイメージです。

 

これは、借入先のカードローンで返済の実績がないので、一見さん向けの金利が適用されるからです。

 

きちんと返済をしてくれて利用実績を積むことで、適用される金利は下がっていきます。また、借りる金額が大きくなるほど金利は下がっていきます。

 

小額利用の場合は、どうしても上限(に近い)金利が適用されてしまうので、無駄な利息を払わないためにも「無利息サービス」をしているカードローンがお勧めです。

 

お金の受け取り方は2種類

カードローンでお金を借りる場合、「銀行振り込み」か「ATMでの出金」の2種類の方法で現金を手にします。

 

銀行振り込みの場合

ネットバンクではなく、通常の銀行口座の場合は「当日振込扱い」になる時間までに振込が完了していなければいけません。

 

つまり実質のタイムリミットとして、今すぐ借りたい状況でも14時頃までに審査が終わっていないと当日中に振り込みにならず、翌営業日扱いとなってしまいます。

 

しかしカードローンがネットバンクに対応していれば、24時間リアルタイムで振り込み融資をしてもらえるようになります。

 

・通常の銀行口座のみなのか
・ネットバンクにも対応しているのか

 

ご自身の環境や申し込み時間によって、即日での振り込み融資には上記のポイントを確認しておく必要があります。

ATMでの出金

カードローン会社と提携しているATMや無人契約機から、直接お金を引き出す方法です。

 

銀行振り込みよりもタイムリミットが長いので、夕方以降に今すぐお金を借りたい場合でも余裕を持って借りられるのがメリットです。

 

しかしお金を下ろすには、ローンカードが必要です。そのカードは、無人契約機(ローン契約機)で受け取らなければいけません。

 

つまり、審査通過後に無人契約機(ローン契約機)へ足を運び、そこでカードを受け取ってからATMでお金を下ろすという手順になります。

 

そのため、無人契約機(ローン契約機)の設置台数や提携ATMの多さが利便性を左右するポイントとなります。

 

今すぐお金を借りたい場合に気をつけたい申し込み金額

現金

先ほどもお伝えをした通り、カードローンは審査に時間がかかるのが普通ですので、適当に選んだカードローンを利用してしまうと、数日から数週間は融資してもらうまでに時間がかかってしまいます。

 

まず最も重要なことは、審査の時間が短いことです。例えば即日融資や最短30分といった広告を提示している業者を探すようにしてください。

 

次に申し込みをする際には希望額を聞かれますが、この希望額は10万円以下にしておきましょう。

 

業者が審査をする際に最も重要視しているポイントは、その人にお金を貸しても大丈夫なのか、そして貸したお金をちゃんと返してくれるのかという返済能力です。

 

希望額が多ければ多いほど、簡単に貸すことは難しくなりますし、返す方も金額が多いほど困難となってきます。すると必然的に審査に時間を有することとなりますので、希望額は10万円以下を希望するようにしておきましょう。

 

また、消費者金融の場合50万円以上の借入、又は他社との借入額の合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出が求められてしまいます。

 

収入証明書として有効なのは、「源泉徴収票」「給料明細」「課税証明書」「確定申告書」が該当します。

 

こういった書類が手元にありすぐに用意できるのであれば準備の手間は省けますが、それでも通常の審査よりもハードルが高くなってしまうのは否めません。

 

また、無闇に借入金額を多めに申告して審査落ちをしてしまった場合、想像以上に面倒なことになってしまいます。

 

審査に落ちてしまうと想像以上に悪影響を与えてしまう

頭を抱える女性

業者によって審査の基準が異なり、Aの業者では審査に落ちてしまったが、Bの業者では審査に通ることができた!といったことが起こります。

 

そのような理由から、今すぐどうしても借りたい!という場合には、複数の業者に同時に申し込みをした方が借りられる確立が上がります。

 

しかし、論理的には間違っていませんが、カードローン業界からは複数の同時申し込みは最も嫌われるタイプなので要注意です。

 

カードローンの申し込みをしたことは信用情報機関のデータベースに記録されています。

 

そして、そのデータベースは各業者で共有されていますので、あまりにも多すぎる数の申し込みを同時にしてしまうと、こんなに大量に申し込みをするのは異常と思われてしまい、それが理由で審査に落ちてしまうことがあります。

 

つまり相当にお金に切羽詰った状況で、返済能力も怪しいと疑われてしまうという事です。

 

理想は1つのカードローンに絞って、今すぐに借りたい金額を希望額として提示するようにしてください。

どんな理由でカードローンを利用している人が多いのか?

財布を持つ女性

今すぐにお金を借りたい状況というのは、誰にでも起こりえます。そうした緊急時に最短即日融資が可能なカードローンは利便性が非常に高く、利用者も非常に多いのが特徴です。

 

直ぐに借りられるという理由もさることながら、保証人・担保が不要で申込者の信用情報だけで融資を受けられるという手軽さが利用者増に繋がっています。

 

そんなカードローンですが、利用者数がどれだけいて、どんな用途の為に借り入れをしているのかデータを調べてみました。

 

カードローンの利用者数はどれぐらいいるの?

信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社などが加盟している指定信用情報機関である株式会社日本信用情報機構(JICC)の統計データによると、カードローンのような無担保無保証貸付の利用者数は平成28年10月時点で1802万人となっています。(出典:https://jicc.co.jp/company/jicc-data/index.html

 

データを更に読み解くと、「残高あり情報」として1051万人が登録されていますが、これは現在返済中(=借入残高がある)ということを意味しています。

 

労働人口の20%以上がカードローン利用者

平成22年に行われた国勢調査で、平成22年10月1日時点で日本の人口は1億2805万7352人とされています。(出典:http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/kihon1/pdf/gaiyou1.pdf

 

しかし小学生や高齢者がカードローンを利用することはできないので、日本の総人口のうち15〜64歳の労働人口を求めると8746万3171人となります。

 

労働人口の中でのカードローン利用者数の割合を算出してみると、20.6%という数字が出てきます。

 

つまり、日本の労働人口のうち20%以上の人がカードローンの利用者ということになります。
(※厳密に言うと、カードローンは20歳未満は利用できないので、もっと割合は上がります)

 

あなたの知人の中でカードローンを利用している人がいても何ら不思議ではない高い数値となっていますね。

 

カードローンの利用用途は?

平成24年に行われた金融庁の貸金業利用者に関する調査・研究によると、直近3年以内の借入経験者の利用目的は、以下のようになっています。

 

1位:生活費の補填(37.6%)
2位:欲しいものがあったが手元のお金が足りなかった(21.8%)
3位:クレジットカード支払いの補填(17.8%)
4位:お小遣いが足りかなった(12.8%)
5位:遊ぶ為のお金が足りなかった(11.6%)
6位:子供の教育関連費の支払い(6.7%)
7位:冠婚葬祭費の支払い(5.9%)
8位:医療費の支払い(5.5%)
9位:他の貸金業者への返済補填(5.1%)
9位:ギャンブルの元手が足りなかった(5.1%)
11位:住宅ローン支払いの補填(2.7%)

 

ほぼ4割近くが生活費の補填の為にカードローンを利用している結果となりましたが、日常的にカードローンでお金を借りている人が多いのも特徴です。

 

今すぐお金を借りたい!と思ったときに、既に手元にローンカードがあれば、自分に設定されている限度額の範囲内で何度も借り入れが出来るのも、利便性が高いといわれる所以です。

 

自分の銀行口座を別で持っているという感覚で利用するのは、借金を膨らませてしまう危険な要因であることは間違いありませんが、事実としてそのように利用している人も多いのです。

 

しかし年収の3分の1以上の借り入れを制限する総量規制によって、消費者金融で借りたくてももう借りれないと言う人もいます。

 

そうした人たちが総量規制対象外の銀行カードローンに流れていて、銀行カードローンの利用者数が近年急増している要因となっています。